本文へスキップ

ワンランク上の走りを目指す Run Heart Gifu Running Team

チーム紹介・方針profile

★ チーム理念・チームビジョン
ランハート岐阜ランニングチームは、岐阜・西濃地域を拠点に活動し、地元の市民ランナーの皆さんに愛されるランニングチームを目指しています。地域でつながるランナーの絆!!
ワンランク上の走りを目指し、更なる高みへ!! 自分の可能性、自己ベストにチャレンジ!!
自分の大切な人が笑顔になるようなマラソンの取り組み方を目指します!!
今、こうして走れることに感謝!! 感恩報謝の精神でマラソンに取り組みます!!
競技力は人間力!! この地域から全国で活躍できる市民ランナーの育成に取り組みます!!
頑張る岐阜の女性ランナーを応援します!! サブ4を目指す女性ランナーから国際女子マラソン出場を目指す女性ランナー育成に取り組みます!!
メンバーの夢や目標、熱い想いを応援するチーム作りを目指します!!
『走姿顕心』(現在の心が走りに顕れる)走る心を大切にし、情熱あふれるランナー作りを目指します!!

■ ランハート岐阜ランニングチームについて

 項  目  内  容
 チーム名・由来  ランハート岐阜 ランニングチーム  
Run Heart Gifu Running Team
マラソンを愛し、岐阜を愛し、走る心を大切にして、マラソンに熱い情熱を注ぐランニングチーム。
 発足  平成25年4月発足 9名でスタート。
チーム メンバー人数・代表  計13名  チームメンバー登録者7名 ビジター登録者6名 (平成31年4月現在)
岐阜県内の岐阜・西濃地域に在住する30代~50代の市民ランナーが在籍。代表(ランニングガイド):青木 敏宏
 チーム活動方針  ①岐阜・西濃地域の市民ランナーの皆さんに役に立つような活動、練習会の実施。
 合同練習会を岐阜・西濃地域を拠点に行い、この地域の市民ランナーの活性化、ランナー同士の交流、個々の目標達成のために活動。マラソンを通じて地域貢献、社会貢献に取り組む。

②地元で開催されるマラソン大会出場を目指して練習会実施。
 11月のいびがわマラソンや4月のぎふ清流ハーフマラソン、3月の名古屋ウィメンズマラソンなどを目標に練習会実施。そのほか東京マラソンや大阪マラソンなどのフルマラソンに特化した練習を実施。

③ワンランク上の走りを目指すアスリート志向のランナーが集まるチーム作りを目指します。
 男子ランナーでフルマラソンをサブ3~サブ4以内、女性ランナーでフルマラソンをサブ5を目指す方を募集しています。そのため必要最低限の走力レベルとして、10kmを男子で50分以内、女子で60分以内の走力を持つことが基準となります。

④走れることに感謝し、走ることによって人生を豊かにし、走ることで幸せになるマラソンの取り組み方を追求していきます。
 自分だけ良ければいいという考え方ではなく、メンバーや周りのランナーが幸せになる活動を追求。今、こうして走れることに感謝し、恩を感じた人に最高の礼を持って報いるという「感謝報謝」の精神で活動していきます。練習コースの清掃やチャリティー活動、大会ボランティア、マラソン教室の実施など。
 活動内容  ①チーム合同練習会の実施。
 毎月土日祝日に月1~2回(不定期)、年間計20回ほどの合同練習会を実施。また岐阜協立大学アスリート育成クラブランニング部門の制度を活用し、岐阜協立大学トラック練習会を実施。そのほかランニング勉強会の実施(不定期)。

②メンバー同士のマラソン交流・情報交換など。
 練習会や食事会(3ヶ月に1回程度)を通じてメンバー同士のコミュニケーションや情報交換をし、練習日誌や練習レポートの提供・公開を図っています。
 練習会コース・会場 主に 以下の会場・コースで合同練習会を実施しています。
★池田ふれあい街道コース。(揖斐郡池田町~揖斐川町)
★粕川リバーサイドコース。(揖斐郡揖斐川町)
★長良川左岸堤防道路~伊自良川堤防道路。(岐阜市)
★いびがわマラソンコース。(揖斐郡揖斐川町)
★犀川さくら公園~五六川堤防道路コース。(大垣市~瑞穂市)
★淡墨街道コース。(本巣市)
★大垣北公園陸上競技場(大垣市)
★岐阜協立大学総合グラウンド。(大垣市)※岐阜協立大学練習会。
 チーム指針・長期目標  ①メンバー各々が個人目標を立てて、その目標達成に向けて個人練習、及びチーム練習に取り組み、目標実現に努力します。他のメンバーは関心を寄せ、目標達成に向け協力、応援して行きます。
②チーム発足10年間以内にチーム内からサブ3ランナーを10名輩出する事を目指しています。(実績・発足6年目までで2名)
③更に福岡国際マラソンやびわ湖毎日マラソンなどに出場できるエリートランナーをチーム内から送り出すことが究極の目標です。
④3月の名古屋ウィメンズマラソンに出場する地元女性ランナーの応援・サポートを行います。更に上のレベルを目指して大阪国際女子マラソンなどに出場できる女性ランナーの育成に取り組みます。
 チームマラソントレーニング、強化具体策について ①まずは基礎練習。正しく走る練習からスタート。
 マラソンやランニングは誰でも簡単に走れてしまうため、どうしても走る練習がメインになりがちです。また、走り始めは、走る練習をすればするほど身体が刺激を受けるので記録はどんどん伸びていきます。しかし、最初に基礎体力の養成や柔軟性(可動域)の獲得、正しい走り方が身に付いていないと、すぐに記録は頭打ちになり、ケガをしやすくなります。ランハート岐阜では、基礎練習や動き作り、各種ドリルに取り組み、正しい走り方を身に付ける練習からしっかり取り組んでいきます。当たり前のことを当たり前に行い、平凡な事を非凡に継続する「凡事徹底」精神で基礎練習に取り組みます。また、ランニング勉強会を開催して(不定期)、メンバーのスキルアップ、知識習得に役立てたいと思います。

②「アドバンス・マラソントレーニング」「ダニエルズのランニングVDOT指標の活用」の実施。
 ランハート岐阜では、米国のピート・フィッツィンシャー氏が提唱するアドバンス。マラソントレーニング理論に沿って、トレーニングを進めていきます。走行距離重視のマラソントレーニングンから脱皮し、マラソンの運動生理学によるトレーニング効果が表れる運動強度、ハートレイトモニター(心拍数計)による至適練習強度で管理する練習を浸透させて行きます。
 また、「ダニエルズのランニングフォーミュラ」を基に、VDOT指標と呼ばれる練習強度を活用して、チームトレーニングに取り組んでいきます。

③ペース感覚をつかむ練習を徹底し、自分でペースを作れるようにする。
 ランニング、特にフルマラソンで良い記録を残すために重要なことは、正しいペース配分、ペース感覚を身に付けることです。レースで周りの雰囲気に惑わされることなく、自分の体調や調子を正確に把握し、当日のコンディションを考慮しながら適切にペース配分し、実施できるかがマラソンのカギを握ります。そのためには、日頃の練習から今自分がどんなペース、強度で走っているかを常に意識して、自分の体と対話しながらペース感覚を養う練習を徹底していきます。ランハート岐阜では、距離がハッキリわかるトラック練習を多く取り入れ、ペース感覚を身に付けていきます。また、練習会の参加者報告書提出をメンバーにお願いして、それらの情報、データーをチーム内で共有して行きます。

④ランクラ練習依存から脱却し、個人練習を充実させる。
 これはある意味、チームトレーニングと相反するものになりますが、ランクラ練習(ランニングクラブの練習会)に依存することなく、各自で行う個人練習をしっかり行うことが記録向上のポイントとなります。チーム活動を『個人練習サポート』を目的として機能させていきます。学生の陸上部や実業団のランナーであれば、その団体で行う練習に参加していれば良いのですが、私たち市民ランナーにとってはランクラ練習会が常に実施されるわけではありませんし、自分の意図するトレーニングが常に実施されるとは限りません。仕事や家庭などの事情により、ランクラ練習会に毎回参加できるとは限りません。そこで少ない練習時間を有効に使い、自分の頭で考えて、強い意志を持って個人練習を実施していくことが重要と考えています。人が見ていないところでいかに自分でトレーニングできるか。個人練習にしっかり取り組めば、メンバーと一緒に走る合同練習会では、走る仲間のありがたさ、チームの存在意義も高まります。
 メンバー形態(種類) チームメンバー登録者
(ランハート岐阜が主催する合同練習会に参加可能。ただし、岐阜協立大学トラック練習会を除く。年間登録料3000円。(スポーツ安全保険料金を含む)練習会参加費各回100円。)
ビジター登録者
(ランハート岐阜が主催する合同練習会に参加可能。ただし、チームメンバー練習会、岐阜協立大学トラック練習会を除く。年間登録料無料。練習会参加費各回200円。)
岐阜協立大学ACメンバー登録者 
(岐阜協立大学での練習会に参加可能。大学の一般開放日にグラウンド使用可能。年間登録料3000円。+スポーツ安全保険料金。各回使用料金300円。)
【定員10名先着】残り枠5名。(平成31年4月15日現在)
 練習会形態  Aチーム合同練習会
 (①チームメンバー登録者、及び②ビジター登録者が参加可能な練習会)
チームメンバー練習会
 (①チームメンバー登録者のみが参加可能な練習会)
岐阜協立大学トラック練習会
 (③岐阜協立大学ACメンバー登録者が参加可能な練習会)

※ チームメンバー登録者、ビジター登録を希望される方は、ご案内のページをご覧下さい。

■ ランハート岐阜 ランニングチーム 代表者あいさつ

 ★代表者 プロフィール

 氏名:青木 敏宏
 年齢:53歳
 走歴:38年
 フルマラソンベストタイム:2時間41分31秒
 日本ライフタイムスポーツ協会認定 ジョギングインストラクター1級
 日本ランニング協会認定 ランニングインストラクター・
 ランニングアドバイザー
 日本体育協会公認 スポーツリーダー
 日本フットウェア技術協会認定 ランニングパーソナルコーチランアドバンス・スポーツシューフィッターマスター

 皆さん、はじめまして。私、ランハート岐阜ランニングムチームの代表、及びランニングガイドをしております青木と申します。この度はランハート岐阜ランニングチームのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
 ランハート岐阜ランニングチームは、岐阜・西濃地域を拠点に活動するランニングチームです。チーム名の通り、走ることを愛し、岐阜を愛し、マラソンに真摯に向き合い、情熱を持って取り組んで行くという志のもと誕生したチームです。最近のランニングブームのおかげで、ランニングやマラソンを楽しむ方が増えました。その中では、どちらかというと記録更新を目指すアスリート志向のランナーが集まるランニングチームですので、少数派のチームかもしれませんが、前向きに、情熱を持ってマラソンに取り組んでいます。そんなところを、このホームページで見てもらえればと思います。
 ランニングやマラソンは、自分一人で楽しめるスポーツです。真面目に記録の更新を目指そうと思えば、時には厳しく、時にはキツイ練習にも挑まなくてはなりません。自分一人で挑もうとすれば、なかなか辛いものがありますが、チームとして取り組むことで、辛さは半分になり、喜びは倍になります。世の中、自分一人の力だけで生きてはいけませんし、自分でできることには限度があります。他人と関わり合うことで、自分の弱さや課題も見つけることができます。時には煩わしいこともあるかもしれませんが、今こうして健康に走れることに感謝して、チームの仲間とともにランニングの楽しさ、奥深さなどを、このホームページを通じて、少しでも伝えて行けたらと思います。
 そして、多くの方に走る喜びや楽しさを伝え、自分の夢実現や目標に向かって頑張る市民ランナーの方をサポートしていけたらと思います。また、ランハート岐阜ランニングチームを通じて、この岐阜・西濃地域を舞台に、一人でも多くの市民ランナーの輪が広がって行けば良いなと思います。どうぞ、よろしくお願いします。

ランハート岐阜ランニングチーム

  代表:青木 敏宏
E-mail:info@run-heart.com
URL: http://www.run-heart.com/
BLOG:http://ameblo.jp/letshappyrun